仮想通貨取引所gate.ioを日本人が利用する方法は?草コインで億り人に?

gate.io

仮想通貨取引所Gate.io(ゲートアイオー)とは?

Gate.ioは中国に拠点を持つ2013年設立の仮想通貨取引所です。

 1,400種類の通貨を取り扱っており、 他の取引所に上場していない通貨も多いことから、まだ注目されていな未発掘の草コインや日本の取引上には無いコインに投資して莫大なリターンを得たい人におすすめな取引所です。

ただし、Gate.io(ゲート)は日本人利用者はレバレッジ取引やトークンを利用でき無いなど一部サービスに制限があり、仮想通貨のみ現物取引可となっています。

制限があっても取扱通貨の数は1400を超えるので、現物取引をメインにしている方には申し分ない取引場です。

利用者数は世界中で1,000万人を超え、NFTマーケットプレイスやコピートレードサービスも提供して様々な取引が可能で、CoinGeckoの取引所総合ランキングでは14位→6位にランクインしている今注目の人気取引所です!

また、通常のトレードだけでなくNFTマーケットプレイスやコピートレードサービスも提供しているため、多彩な運用方法を試したい方におすすめです。

メルアドだけで登録可Gate.ioの新規口座開設キャンペーンはこちら

仮想通貨取引所Gate.io(ゲートアイオー)の特徴

Gate.ioの主な特徴は次の5つです。

  1. 取り扱い仮想通貨の種類が多い
  2. 仮想通貨の新規上場が活発
  3. 取引高が大きく活発な取引
  4. 独自トークンを発行している
  5. レンディングサービスを実施
会社名Gate Technology.inc
本社所在地ケイマン諸島(中国系)
設立年2013年
取扱銘柄数BTC,ETH,Cardano,JaxmyCoin,Avalanche,Step App,xcad,xymなど1,000種類以上
モバイルアプリAndroid、iOS共に対応
レバレッジ倍率不可
最小注文額0.0001BTC~
入出金手数料・入金手数料 無料

・出金手数料 無料(ネットワーク手数料はかかります)

取引手数料・現物取引:Maker、Taker0.06~0.2%
日本語対応公式サイトはブラウザの翻訳機能により日本語表記可能ですが、メール等の問い合わせには日本語は対応していません
追証 取引制限区域の居住者はレバレッジトレードが利用できません ※1
ロスカット取引制限区域の居住者はレバレッジトレードが利用できません
セキュリティ・二段階認証

・仮想通貨はコールドウォレットで管理

・マルチシグナルを採用

公式サイト・公式サイト

・公式Twitter

・公式インスタグラム

Gate.ioの期間限定イベント情報速報

1.取り扱い仮想通貨の種類が多い

Gate.ioは日本の取引所に比べて取扱通貨が豊富です。

Gate.ioでは、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなど定番の仮想通貨から、BAT、 DOGE、ADA、QASHなど注目されてる通貨やトークンの上場など、豊富な銘柄選びが可能です。

積極的に通貨を上場させて市場を活性化させているので世界中の仮想通貨トレーダーが将来性が期待できる通貨や、上場をきっかけに価格高騰の可能性がある通貨を求めて集まります。

Gate.io取引所の基軸通貨は、テザー、ビットコイン、イーサリアム、クアンタムです。

クアンタムを基軸通貨の一つにしている点はユニークですが、クアンタム建ての通貨ペアの数自体は少ないです。

この中で最も取引高が多いのはテザー建てです。

※テザー(USDT)とは、法定通貨である米ドルと連動している仮想通貨のこと。USドルと連動しているため価格が安定しているため、ステーブルコインとも呼ばれてる。

日本人が取引する場合は、国内取引所からビットコインやイーサリアムなどをGate.ioに送金する必要があります。

 

2.仮想通貨の新規上場が活発

仮想通貨の新規上場が活発な点もGate.ioの特徴です。

いわゆる草コインを他の仮想通貨取引所よりも先に上場させています。

Gate.ioの取り扱い後に、他の大手海外仮想通貨取引所にその通貨が上場されるケースもあり、日々トレードして得るよりも莫大な利益が見込まれるため多くの投資家が注目しています。

 

3.取引が活発で取引高が大きい

Gate.ioは、取引高の豊富な仮想通貨取引所です。

 

取引高が多いと、売り買いがスムーズに行われるのでユーザーにとって大事なポイントになります。

 

何より取引高が多いことは取引所の安定感を示しています。ユーザーが割高で仮想通貨を購入するリスクを抑えることもできます。

 

資金難からの突然の閉鎖などのリスクが低く、トレーダーが安心して利用することが可能です。

 

4.独自のトークンを発行し30億ドルの資金を調達

Gate.ioは、取引所の独自トークンであるGateTokens(GT)を発行しています。

 

GTのIEOを実施した際に、トークンへの注目度が高く30億ドルもの資金が集まりGate.ioの取引所として投資家の期待が現れた出来事となりました。

 

5.レンディングサービスを実施

レンディングとは仮想通貨を貸し付けるサービスのことです。

このサービスの良い点は、仮想通貨の取引をしない時でも利益を出すことが可能なサービスだというところです。

仮想通貨の保有量が多いトレーダーにとっては、自分の資産を有効に生かせる方法なので資産をより積み上げていけるサービスになっています。

Gate.ioでは年利15%に設定しており、ビットコインなどの仮想通貨レンディングが可能です。

ただし、利用には口座のVIPレベル3以上のユーザーが対象となります。GT(Gate.ioの取引所トークン)の平均保有量に応じた貸付契約数になります。

注意点としては、貸した側は貸付中に仮想通貨を動かすことはできません。

Gate.io(ゲート)を日本人が利用するのは違法?

日本人がGate.ioを利用するのは全く問題無い

金融庁との関係性

ただし、Gate.io(ゲート)が日本の規制をクリアして、国内仮想通貨取引所として登録するには少しハードルが高い

Gate.io(ゲート)は今後も日本人が利用できる

日本ユーザー向けに特別キャンペーンを行っていることもあります。

現在日本ユーザー限定キャンペーン中!!

VIPランクUPの特典

  1. 定期的に多くの無料エアドロップが可能
  2. 条件を満たした場合、取引手数料最大0%

キャンペーン条件:(期間中にご入金)

  • 1,000USDT以上をご入金された場合:期間限定VIP2へアップ(通常4,000usd相当が必要)
  • 5,000USDT以上をご入金された場合:期間限定VIP5へアップ(通常40,000usd相当が必要)
  • 20,000USDT以上をご入金された場合:期間限定VIP7へアップ(通常200,000usd相当が必要)
  • 100,000USDT以上をご入金された場合:期間限定VIP10へアップ(通常2,000,000usd相当が必要)

キャンペーンの詳細>>

Gate.io(ゲート)を日本人が利用するメリット

  • 取扱銘柄数は900種類以上!草コインの取り扱い数が圧倒的に多い
  • 仮想通貨取引所Gate.io(ゲートアイオー)の取扱通貨
  • 口座開設はメールアドレスのみでOK
  • セキュリティが高い
  • 入出金手数料が無料(ネットワーク手数料はかかります)
  • 取引手数料は取引量によって割引される
  • 公式モバイルアプリが使いやすい
  • ユーザー資金は全てコールドウォレットで管理している
  • うまく行っているトレーダーの取引方法をコピーできるグリッドコピー取引が可能
  • NFTの取引もできる
  • 対応の速さから今後もブロックチェーンを活かした投資にいち早く参入できる可能性大

Gate.io(ゲート)を日本人が利用するデメリット

  • 日本語に一部対応していない
  • Gate.io(ゲート)を日本語表示にする方法
  • 本社所在地こそケイマン諸島だが運営は中国系
  • アメリカ・カナダ・日本在住者は取引制限あり
  • 日本人はレバレッジ取引ができない
  • 入金は仮想通貨のみ日本円での入金はできない
  • 多くの草コインがあるためゴミになる仮想通貨もある

Gate.io (ゲート) の口コミ・評判

Gate.io (ゲート) の良い評判・口コミ

Gate.io (ゲート) の悪い評判・口コミ

gate.ioで開催中のボーナスキャンペーン

新人タスクキャンペーン

体験タスクキャンペーン

毎日ログインキャンペーン

 

Gate.io(ゲート)の各種手数料一覧

入金・出金手数料

取引手数料

Gate.io(ゲート)の登録・口座開設方法

必要事項を入力

出金パスワードを設定

メール認証

本人確認(KYC)のやり方

 

Gate.io(ゲート)の使い方|ブラウザ・スマホアプリによる取引方法

入金・出金方法

gate.ioで出金できない場合は?
gate.ioの送金方法

取引方法

Gate.io (ゲート) の取引ツール

使いやすい取引画面

Gate.io (ゲート) はスマホアプリも便利

タイトルとURLをコピーしました